掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】中央大が連勝で勝ち点1を獲得し2位タイに!

4月28日、明治神宮球場で行われた東都大学野球連盟春季1部リーグ戦「亜細亜大対中央大」3回戦は中央大が8-2で亜細亜大に勝利し対戦成績を2勝1敗とし勝ち点1を獲得した。

中央大は先制を許すも、逆転勝利で連勝

1勝1敗で迎えた3回戦は亜細亜大が1回表、内野ゴロの間に1点を先制し続く2回表に小山倭誠の適時打で1点を追加し2-0とリードを広げる。中央大は2回裏に土谷恵介の適時打で1点を返すと5回には堀内寛人が適時打を放ち2-2の同点に追いつく。さらに、6回裏には無死満塁のチャンスから主将の保坂淳介の犠飛、押し出し、などで一挙5点を奪い7-2と勝ち越しに成功。8回裏には堀内がソロ本塁打でダメ押し点を奪い8-2で亜細亜大に逆転勝利した。

中央大は勝ち点を2とし日本大と並んで2位タイとなった。亜細亜大は勝ち点1のままで優勝まで後がなくなった。

次週、中央大は國學院大と対戦、亜細亜大は試合がなく5月9日に日本大との対戦となる。

昨春日体大優勝の原動力!松本航【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事