掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球連盟】法大4年長谷川がリーグ戦初勝利!ドラフト候補齊藤に投げ勝つ!

4月29日、東京六大学野球連盟は第4週が行われ、第1試合の「法政大学対明治大学」の1回戦は法大が2-1で接戦を勝利し、「血の法明戦」で先勝。法大は今季初先発の長谷川裕也が7回1失点の好投でリーグ戦初勝利。

法大4年の長谷川がリーグ戦初勝利

法大はリーグ戦未勝利の長谷川、対する明大はドラフト上位候補にも名が上がる齊藤大将の両先発で試合は始まった。

試合が動いたのは2回、2死一、二塁でから8番・船曳海が右中間に適時打を放ち法大が先制。船曳はこれがリーグ戦初打点。その後は両先発が踏ん張り、6回までは膠着状態が続く。

1点を追う明大は7回、代打から左翼に入っていた7番・添田真海が適時二塁打を放ち、試合は振り出しに戻す。

勝ち越したい法大は長谷川の代打・福田光輝が二塁打で出塁すると、明大先発・齊藤の暴投でホームを踏み勝ち越し。その後はエース・熊谷卓也が無失点リリーフで明大を下し、先勝。明大は今季初黒星を喫した。

両チームは明日30日、第2試合で2回戦を行う。

これからが楽しみ!活躍が期待される大学野球の新人たち!【東京六大学投手編】

こちらの記事も読まれています

新着記事