掲載日: 文章:Clipee運営局

【ヤクルト】小川泰弘が8回途中1失点の好投で3勝目!巨人はあと一歩及ばず

4月29日、明治神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツの一戦は2-1でヤクルトが勝利した。

左のエース石川雅規で前日のカード初戦を落としたヤクルトは右のエース小川泰弘が先発。初回、先頭の立岡宗一郎に二塁打を浴びピンチを招くが後続を打ち取り無失点に切り抜けた。

以降も小川は要所を締める投球で打線の援護を待つ。待望の援護点が入ったのは7回裏だった。雄平が右翼スタンドへ滞空時間の長い2点本塁打を放ち2-0。

小川はエースらしく8回も続投。しかし、2死一、三塁のピンチで4番阿部慎之助に適時打を浴び2-1と1点差。ここで、マウンドを石山泰稚に託し降板。

この日の小川は7.2回1失点、被安打8、与四球0、奪三振6(121球)の内容で3勝目をマークした。

昨シーズンは開幕投手を任されたものの不甲斐ない成績でチーム低迷の要因となった小川が、今シーズンは好投を見せエース復権となりそうだ。

【ヤクルトvs.巨人】小川泰弘vs.田口麗斗 田口は2015年以来のヤクルト戦勝利なるか!

こちらの記事も読まれています

新着記事