掲載日: 文章:Clipee運営局

【オリックス】コークがメジャーの力を見せた!ロングリリーフで白星ゲット!

4月29日、京セラドーム大阪で行われたオリックス・バファローズ対福岡ソフトバンクホークスの一戦はオリックスが6-4で勝利した。ソフトバンクは9回に海田智行、平野佳寿を攻め立てあと一歩まで追いすがるが及ばず。1番二塁で出場した川崎宗則は4打数無安打に終わっている。

4回6Kで無失点の好投

序盤にモレルの適時二塁打などで6点を奪い6-1と5点のリードとなったオリックス。4回から先発の岸田護を新外国人のコークにスイッチ。4回を三者凡退に抑えると5回は2本の安打でピンチを招くがデスパイネを併殺に打ち取り無失点。6回は松田宣浩に二塁打を浴びたものの3つのアウトをすべて三振で奪うなど球はキレていた。7回は今宮健太に二塁打を浴びるが後続を打ち取り4回を無失点で見事勝利をたぐりよせた。

この日のコークは4回無失点、被安打4、与四球0、奪三振6(67球)と上々の内容で来日2勝目を手に入れた。首位楽天が敗れたためゲーム差は1となっている。

【オリックス】駿太が3安打猛打賞の活躍でサヨナラ勝ちを決め3連勝!

こちらの記事も読まれています

新着記事