掲載日: 文章:Clipee運営局

リーグ屈指の長距離砲!エドウィン・エンカーナシオン【海の向こうの凄いやつ】

リーグ屈指の長距離砲!エドウィン・エンカーナシオン【海の向こうの凄いやつ】
photo by youtube.com

リーグ屈指のパワーヒッターでもあるエドウィン・エンカーナシオン(クリーブランド・インディアンス)。第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)には参加しなかったが前回大会ではベストナインにも選ばれる活躍を見せたスラッガーだ。

名前:エドウィン・エンカーナシオン(Edwin Encarnacion)
国籍:ドミニカ
生年月日:1983年1月7日
守備:内野手
投打:右投右打
所属:レンジャーズ→レッズ→ブルージェイズ→インディアンス
年俸:1,466万6,000ドル(2017年)
2016年成績:160試合/打率.263/42本/127打点
通算成績:1513試合/打率.266/310本/942打点
※2016年終了時点

2000年のドラフト9巡(全体274位)でレンジャーズに指名されたエンカーナシオン。メジャーデビュー前にトレードされデビューは2005年のレッズ時代だ。その才能が開花したのはブルージェイズに移籍した2009年以降となる。

2012年にキャリアハイとなる42本塁打110打点を記録すると以降は2014年の34本塁打を除き毎年35本塁打以上を放つリーグ屈指のスラッガーへと成長。昨シーズンは127打点をマークし自身初の打点王にも輝いた。

今シーズンは所属チームをインディアンスへと移し4番指名打者に君臨。4月29日の時点で打率.210、4本塁打と調子は上がってきていないのは気がかりだが、これから夏場に掛けて調子を上げてくるだろう。

本塁打を放った後、ダイヤモンドを一周する際に右腕を肩の位置まで挙げるウイングポーズは定番となっている。

新着記事