掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球連盟】法大・菅野が7回無失点で今季初勝利!大西千が3打数3安打と大暴れ

4月30日、東京六大学野球連盟は第4週が行われ、第2試合の「明治大学対法政大学」の2回戦は、法大が5-0と快勝。3回から7回まで毎回1点ずつ積み重ね明大を寄せ付けなかった。法大は連勝で今季初の勝点を獲得した。

法大・菅野秀哉が7回4安打無失点で今季初勝利

試合は、明大は前回登板で初勝利を挙げた森下暢仁、法大は菅野の両先発で始まる。

同点で迎えた3回、法大は1番・相馬優人の犠飛で先制点を挙げる。すると4回には6番・大西千洋の適時三塁打で1点、5回には2番・森龍馬のリーグ戦初本塁打で1点、6回には7番・鎌倉航の適時二塁打で1点を追加。7回にも暴投で1点を追加し5-0とする。

投げては法大の先発・菅野は7回を投げ4安打無失点の好投。7回には1死満塁のピンチとしたが、無失点で乗り切り、今季初勝利を挙げた。

明大は8回、新人の入江大生(作新学院)がリーグ戦初登板を果たし、1回を無安打無失点に抑えている。

第5週では明大は試合がなく、法大は慶応義塾大学と対戦する。

【東京六大学】早大・柳澤がリーグ戦初完封!4番・加藤が2戦連続本塁打となる満塁弾で援護

こちらの記事も読まれています

新着記事