掲載日: 文章:Clipee運営局

【DeNA】今季初登板の久保が粘りの投球で初勝利!ロペスのグランドスラムで乱打戦制す

4月30日、横浜DeNAベイスターズは横浜スタジアムで広島東洋カープとの6回戦を行い、10-9で乱打戦を制した。DeNAの先発・久保康友は5回3失点と試合を作り、今季初登板で初勝利。ロペスにも4号満塁弾が飛び出し、カード勝ち越し。

7-0の大量リードから一転最後はヒヤヒヤ1点差

DeNAの久保が「投げる哲学者」らしく、序盤は粘りの投球で広島に得点を許さなかった。5回に菊池涼介、鈴木誠也に適時打を浴びて3失点。この回で降板したが、打線の大量援護で勝利投手の権利を持って降板。

打線は初回、2死一、二塁のチャンスでロペスの適時二塁打で先制。3回には満塁から筒香嘉智の適時打で1点を追加したあと、ロペスの4号グランドスラムが飛び出し、7-0と大量リード。

中盤以降、広島の脅威の粘りで1点差まで迫られたものの、DeNAもエリアン、石川雄洋で本塁打で逃げ切った。久保が今季初勝利を手にした。

【DeNAvs.広島】今永昇太vs.岡田明丈 2015年ドラ1同士の投げ合いを制すのは!?

キーワード

新着記事