掲載日: 文章:Clipee運営局

【女子プロ野球】京都と埼玉、計24安打の乱打戦で引き分け

【女子プロ野球】京都と埼玉、計24安打の乱打戦で引き分け
photo by JWBL

小山市民球場で行われた、埼玉アストライアvs京都フローラ 第4戦は、6―6で引き分けに終わった。

土壇場で埼玉・岩見の適時打で同点!試合は延長の末、引き分け

 初回京都フローラは、2死走者なしから3番三浦伊織が四球で出塁すると、相手投手の失策の間に一塁走者は二塁へ進塁。2死2塁から4番中村の中前適時安打で先制した。
京都フローラは続く2回に先頭の5番泉由希菜が左線二塁打で出塁し、6番田口の送りバントをフィルダースチョイスで無死1、3塁とチャンスを広げ、7番岩田の右前適時安打で1点を追加し試合を有利に進めていく。
反撃したい埼玉アストライアは2回裏、4番楢岡が左線二塁打で出塁し、送りバントで走者を進め、1死3塁から6番岩谷が左前適時安打で1点を返す。
同点に追いつきたい埼玉アストライアは3回、2番松村、3番川端と安打で続き、1死1、3塁で4番楢岡の左犠飛で同点に追いつき、2死1、2塁から6番岩谷の右前適時安打で逆転に成功した。
逆転を許した京都フローラは5回、先頭の3番の三浦伊織が内野安打と相手の失策で無死2塁とし、1死3塁から4番泉由希菜の左犠飛で同点に追いつき、試合を振り出しに戻した。
突き放したい京都フローラは、6回に先頭の8番岩田の右中間二塁打で出塁し、1死3塁から1番前田の中前適時安打で逆転し、2死2塁から3番三浦伊織が左越三塁打を放ち2点を追加。その後も2死3塁から4番中村の左前適時安打で、点差を3点に広げる。
埼玉アストライアは6回に1点を返し、続く7回にも1死走者なしから5番今井、6番岩谷が安打で繋ぎ、2死満塁から9番岩見が左前2点適時安打で同点に追いつく。
延長の末、両チーム得点できず同点のまま試合終了した。

【女子プロ野球】京都・植村が7回1失点好投「次の試合でも勝てるように準備」

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事