掲載日: 文章:Clipee運営局

【ヤクルト】プロ初先発のドラ2・星が6回2失点!坂口の決勝打でヤクルトが巨人に連勝!

4月30日、東京ヤクルトスワローズは明治神宮野球場で読売ジャイアンツとの5回戦を行い、3-2で逆転勝ちを収めた。ヤクルトの先発ドラフト2位ルーキー・星知弥は6回2失点と好投したが勝ち負け付かず。坂口智隆が決勝打を放ち、ヤクルトが2戦続けて1点差で勝利した。

プロ初先発6回2失点で勝利に貢献したヤクルト・星

ヤクルトのドラフト2位ルーキー・星がプロ入り初先発。初回にいきなり安打と2四球から2死満塁のピンチを迎えてしまうが、石川慎吾を三ゴロに抑え無失点で切り抜ける。するとその裏打線が巨人の先発・内海哲也から1点を奪い、先制点をプレゼント。2回は三者凡退に抑えたが、3回には失策で1点、4回には小林誠司に適時打を浴びて逆転を許してしまう。5回、6回と三者凡退に抑えたが、リードを許した状態で星はマウンドを降りる。

すると打線が6回に同点に追いつき、7回1死一、三塁から坂口智隆が適時内野安打を放ち勝ち越しに成功。ヤクルトはそのまま逃げ切り、1点差で勝利。

星はプロ初先発を初勝利で飾ることはできなかったが、6回4奪三振2失点の好投でチームの勝利に貢献した。

【ヤクルトvs.巨人】ヤクルト・ドラ2位星知弥が初先発!対する巨人はベテランの内海哲也!

新着記事