掲載日: 文章:Clipee運営局

アストロズ・青木はノーヒットもチームは7-2でアスレチックスに勝利!

アストロズ・青木はノーヒットもチームは7-2でアスレチックスに勝利!
photo by Gettyimages

現地時間4月30日、ミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対オークランド・アスレチックスの一戦は7-2でアストロズが勝利した。アストロズの青木宣親は9番左翼でスタメン出場を果たしている。

4月を打率.300で終え、いざ5月へ

2回2死無走者で回ってきた最初の打席はカウント1ボール2ストライクから内角低めに落ちるカーブに空振り三振。2-0と2点リードで迎えた4回裏2死二塁と追加点のチャンスで打席に入った青木だが、初球をスイングするも遊ゴロに倒れ追加点を奪うことは出来ず。その後の打席でも安打を放つことは出来なかった青木は4打数無安打。これで4月を打率.300(60打数18安打)、1本塁打、5打点で終えた。昨シーズンは打率.245(83打数17安打)、0本塁打、4打点のスタートだったことを考えると好スタートを切ったと言えそうだ。

チームもアメリカンリーグ西地区で首位をキープしており、この勢いで5月も乗り越えたい。

アストロズ・青木は無安打も元DeNA・グリエルの本塁打などでアストロズが勝利

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事