掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】東洋大はエース・飯田が完投勝利!4番・中川が2号本塁打でエースを援護!

5月1日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第5週が行われ、第1試合では「東洋大学対専修大学」の1回戦が行われた。東洋大は先発・飯田晴海が3失点完投でチームの勝利に貢献。6回には4番・中川圭太の2号本塁打が飛び出し、7-3で東洋大が先勝。

エース・飯田が抑えて4番・中川が打ち東洋大が先勝

東洋大はエース・飯田、専修大は1年・谷村拓哉(鹿児島実業)がリーグ戦初先発で試合開始。
東洋大は初回、3番・田中将也、4番・中川の適時打で2点を奪い谷村を攻め立てる。2回には1番・竹原祐太の適時二塁打で1点を奪い、谷村をKOした。先制を許した専大は3回、3番・大場樹也の適時二塁打で1点を返すが、東洋大は5回に2点を追加し、迎えた6回、4番・中川の2号2点本塁打で専修大を突き放す。

リードを広げられた専大は、8回に2点を返すが追い上げもここまで、終始試合をリードした7-3で東洋大が勝利。東洋大の飯田は9回9奪三振3失点で完投勝利を挙げた。

両校は2日の第2試合で2回戦を行う。

早稲田大学硬式野球部第107代主将は右の大砲候補は佐藤晋甫 【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事