掲載日: 文章:Clipee運営局

【ソフトバンク】松田宣浩、上林誠知、甲斐拓也の下位打線による合計4本塁打で大量14得点

5月2日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズの一戦は14-4でソフトバンクが大勝し貯金を3とし首位の東北楽天ゴールデンイーグルスと3.5ゲーム差、2位のオリックス・バファローズまで2.5ゲーム差の3位まで詰め寄った。

甲斐のプロ入り初本塁打が満塁アーチ

開幕から波に乗れないソフトバンク。武田翔太、和田毅とローテーションの2人が脱落する中で千賀滉大の試合は絶対に落とせない。そんな思いが乗り移ったのかのような快勝劇だった。初回に2点を先制され嫌な流れとなった中、2回に9番・甲斐拓也がプロ初本塁打を満塁弾で決め4点を奪い逆転に成功。3回には8番・上林誠知が3号3点本塁打を放つと5回には7番・松田宣浩が2号2点本塁打と7番、8番、9番がそれぞれ本塁打を放って千賀を援護。8回裏に上林がこの日2本目の本塁打を放ちとどめを刺した。

4番内川聖一の猛打賞が霞んでしまう下位打線の大当たり。強いソフトバンクが戻って来たことを感じさせてくれる大勝だ。

【ソフトバンク】ソフトバンクの熱男・松田が今季第1号!9回にはデスパイネが決勝5号!

キーワード

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事