掲載日: 文章:Clipee運営局

常総学院のエースから法政大のエースを目指す!鈴木昭汰【Players report】

常総学院の好左腕として早くから注目を浴びていた鈴木昭汰。悩み抜いた末に高卒からのプロ入りではなく大学進学を選び東京六大学の門を叩いた。

氏名:鈴木昭汰(すずきしょうた)
守備:投手
投打:左投左打
所属:法政大学
出身:土浦霞が浦ボーイズ→常総学院高校

中学生時代の2013年に行われた15U アジアチャレンジマッチ2013の一員として日本代表入りを果たした鈴木。藤平尚真、石原彪(共に楽天)とチームメートだった。

常総学院進学後は今秋のドラフト候補ともなっている飯田晴海(現東洋大)の後を受け継ぎ2年春、3年春夏と背番号「1」で甲子園に3度出場。甲子園では8試合に登板し防御率2.34をマークする活躍。176センチ75キロと中背の体型ながら最速144キロを誇る左腕は、スライダーとストレートで投球を組み立てる。決め球はスライダーがほとんどだ。2年時からプロ注目の一人だったがプロ志望届を提出せずに進学を選択。

東京六大学の法政大学へと入学した。4月30日時点でリーグ戦の登板はないが藤平、寺島成輝(ヤクルト)、高橋昂也(広島)らと4年後に肩を並べるためにも大学でエースの座を勝ち取り飛躍したい。目指すは2020年ドラフトだ。

こちらの記事も読まれています

新着記事