掲載日: 文章:Clipee運営局

昨シーズンのアメリカンリーグの本塁打王!マークトランボ【海の向こうの凄いやつ】

昨シーズン、アメリカンリーグで本塁打王を獲得したボルチモア・オリオールズのマーク・トランボ。オールスターゲームのホームランダービーにも出場する長距離砲だ。

名前:マーク・トランボ(Mark Trumbo)
国籍:アメリカ
生年月日:1986年1月16日
守備:外野手
投打:右投右打
所属:エンゼルス→ダイヤモンドバックス→マリナーズ→オリオールズ
年俸:1,150万ドル(2017年)
2016年成績:159試合/打率.256/47本/108打点
通算成績:849試合/打率.251/178本/517打点
※2016年終了時点

2004年のドラフト18巡(全体533位で)エンゼルスに指名され入団したトランボ。メジャーデビューは遅く2010年、ブレイクしたのは翌2011年だった。

2011年に149試合に出場すると打率.254、29本塁打、87打点の成績を残し新人王投票で2位に入る。この年の新人王は13勝を挙げたジェレミー・ヘリクソン(レイズ)だった。以降、長距離打者としてトランボは活躍2012年(32本塁打)、2013年(34本塁打)と2年連続30本塁打を達成。

2014年オフにダイヤモンドバックスへとトレードされるとシーズン中にマリナーズへ移籍。両チームで成績を残せず2015年オフにオリオールズへ再びトレード。移籍先のオリオールズでは2016年に47本塁打を放ち本塁打王を獲得し大ブレイクを果たした。

2016年オフにFAとなり高額契約を狙ったものの市場の評価は低く大型契約は締結できずオリオールズと3年3700万ドルで契約した。本塁打に魅力はあるものの三振の多さ守備の粗さが評価を下げた要因だ。

今シーズンは低評価を覆すべく2年連続の本塁打王を狙う。

こちらの記事も読まれています

新着記事