掲載日: 文章:Clipee運営局

【巨人】坂本勇人が猛打賞の活躍で首位打者へ躍り出るもDeNAに敗戦で3タテならず

5月4日、東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対横浜DeNAベイスターズの一戦は梶谷隆幸の本塁打などで効果的に得点をあげたDeNAが5-2で勝利した。DeNAは連敗を2でストップ。

敗戦の中でも一人気を吐く

3連勝を狙った巨人はマウンドに今シーズン2度目の先発となる宮國椋丞を送る。序盤から宮國はDeNA打線に捕まり3回までに5失点と試合を作れない。巨人は6回に主将の坂本勇人が失策で出塁した立岡宗一郎を一塁に置き、左翼スタンドへ2試合ぶりとなる第3号2点本塁打。反撃の狼煙を上げる。しかし、その後、得点を奪うことはできず試合は5-2でDeNAが勝利。

坂本は反撃の2点本塁打だけではなく、8回にも1死一塁からチャンスを広げる安打を放つなど3安打。敗戦のチームの中で一人気を吐いた。

坂本は第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場し、調整が難しい中でも開幕から絶好調。打率.374と大島洋平(中日)の打率.368を交わし現時点での首位打者となった。

【巨人】坂本勇人が3年振りの死球受ける!2014年4月ヤクルト戦以来!

新着記事