掲載日: 文章:Clipee運営局

【広島】代打新井が試合を決めた!中日は一時4点リードも逆転負け

5月4日、マツダスタジアムで行われた広島東洋カープ対中日ドラゴンズの一戦は両チーム点の取り合いとなった。最後は広島が代打新井貴浩の適時二塁打で勝ち越し8-7でルーズベルトゲームを制し同一カード3連勝。

代打新井の底力

6-7と1点ビハインドで迎えた8回裏の攻撃で先頭の西川龍馬がフルカウントからファールで粘った末に11球目を右翼スタンドへ今シーズン第2号本塁打。

その後、四球で出たランナーを送り1死二塁となったところで満を持して登場したのは新井貴浩。大声援に迎えられた新井はカウント2ボール1ストライクからの4球目を振り抜くと右超えの適時二塁打となった。この1点で広島は8-7と1点勝ち越し。最終回を今村猛が無失点に抑え逃げ切り勝ち。

4番は鈴木誠也に譲っても代打で新井は勝負を決める。この勝負強さが昨シーズン史上最高齢でMVPを獲得した底力だ。黒田博樹が抜けた広島の精神的支柱として皆に愛される男「新井さん」が2連覇へ向けてチームを引っ張っていく。

【広島】まだまだ4番は渡さん!5番・新井が5号弾含む3安打2打点で逆転勝利

新着記事