掲載日: 文章:Clipee運営局

【ロッテ】ドラフト1位ルーキー・佐々木千隼はレアードに1発を浴びるなど7回途中6失点で2敗目

5月4日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズの一戦は6-4で日本ハムが勝利し同一カード3連勝。一方のロッテは4連敗となった。

粘ったものの最後踏ん張れず

連敗脱出を託されたロッテの先発はドラフト1位ルーキーの佐々木千隼。しかし、立ち上がりから2死一、三塁のピンチを招くと5番レアードに3点本塁打を浴びる苦しい立ち上がり。その後はピンチを招くこともなく6回まで無失点に抑え味方の援護を待つ。

100球を超え疲れが見え始めた7回に先頭の大田泰示へ四球を与えると中島卓也、淺間大基らに適時二塁打を浴び、この回途中でマウンドを降りることになった。

この日の佐々木は6.2回6失点、被安打7、与四球4、奪三振1と粘りの投球を見せたものの最後踏ん張ることができずに2敗目を喫した。

佐々木は試合後に「7回は余計な四球が得点に繋がってしまった。」と反省。次回登板へ向けて気持ちを入れ直した。

【ロッテ】主将の意地!4番・鈴木大地が一発を放ち西武を撃破

新着記事