掲載日: 文章:Clipee運営局

國學院大の主将としてリーグ制覇を目指す!諸見里匠【Players report】

東都大学野球春季リーグで現在好調の國學院大學を支えているのがドラフト候補の山崎剛とともに二遊間を形成している主将の諸見里匠だ。

氏名:諸見里匠(もろみざとたくみ)
守備:内野手
投打:右投右打
所属:國學院大学
出身:豊見城ボーイズ→沖縄尚学高校

沖縄の強豪でもある沖縄尚学高校で3年春、夏と主将として背番号「6」を背負い甲子園に出場した諸見里。初の甲子園は初戦で岸本淳希(中日)擁する敦賀気比に2-11と大敗。4番・遊撃で出場した諸見里は3安打猛打賞の活躍を見せるもチーム力で完敗した。夏は4番から1番に打順変更し、初戦の福知山成美戦で本塁打を放つなど2試合で打率.375(8打数3安打)と活躍。この年、プロ志望届は提出せずに國學院大學へと進学を選択。

國學院大では3年時までに49試合に出場し打率.223と壁に当たっているが今年から主将に就任。中軸打者、遊撃手としてチームを引っ張っている。今春は8試合終了時点で打率.324、0本塁打、4打点、2盗塁と結果を残しチームの首位キープに貢献。守備面でも堅実さを見せており鳥山泰孝監督の信頼も厚い。

好調を維持し2010年秋季リーグ以来の優勝をめざしチームを引っ張っていく。

諸見里匠に関する動画

慶応大史上初の1年春にベストナイン獲得!柳町達【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事