掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】法大vs.慶大は延長12回引き分け!慶大・清水翔が初本塁打など活躍もサヨナラならず

5月6日、東京六大学野球連盟は第5週が行われ、第1試合の「法政大学対慶應義塾大学」の1回戦は、5‐5で引き分け。序盤は点の取り合いとなったが、中盤以降は粘り合いとなった。

慶大・清水翔がリーグ戦初本塁打含む猛打賞の活躍

法大先発は前回登板でリーグ戦初登板を挙げた長谷川裕也、慶大は1年生にして既に2勝を挙げている関根智輝。

試合は初回から点の取り合いとなる。1回表の法大は5番・福田光揮の犠飛で先制、なおも2死満塁から7番・鎌倉航の走者一掃の適時打で4点を先制。すると慶大はその裏、6番・清水翔太の適時打、7番・倉田直幸の内野ゴロなどで3点を返す。両チーム1点ずつを加えて迎えた5回、慶大は清水翔のリーグ戦初となるソロ本塁打で同点に追いつく。その後は互いにチャンスを作るも得点できず5ー5で延長戦に突入。

同点のまま迎えた延長12回裏、慶大は2死二塁から清水翔のこの日3安打目が飛び出しサヨナラかと思われたが、法大・清水雄二左翼手の好返球により本塁タッチアウトとなり試合終了。試合は引き分けに終わった。

両校は7日の第2試合で2回戦を戦う。

中央大の4番・捕手で主将を務める男!保坂淳介【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事