掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】立大が18得点で大勝!東大は大敗も田口・楠田が本塁打で意地見せる

5月6日、東京六大学野球連盟は第5週が行われ、第2試合の「立教大学対東京大学」の1回戦は、18-4で立大が大勝を収めた。立大は23安打18得点と打線が爆発し、今季4勝目を挙げた。

東大は大敗も2本塁打と意地を見せる

試合は立大はエース・田中誠也、東大は濱崎貴介の両先発で始まった。

立大は2点リードの4回、9番・田中誠也、4番・笠松悠哉、5番・飯迫恵士の適時打などで一挙6得点8-0とする。1点を返された6回には、5番・飯迫、8番・藤野隼大、リーグ戦初出場の代打・髙取克宏、2番・林田景太の適時打などでさらに7点を奪い15-1と大量リード。

その裏、東大は4番・田口耕蔵の通算3本目となる2点本塁打で2点を返す。18-3の9回裏には5番・楠田創のリーグ戦初本塁打で1点を返すなど意地を見せたが、反撃及ばず、大敗を喫した。

立大は5回1失点の田中誠が今季2勝目。また、フレッシュリーグで好投し、この試合からベンチ入りした1年・中崎響介(立教新座)がリーグ戦初登板を果たした。

両校は7日の第1試合で2回戦を戦う。

【東京六大学野球】法大vs.慶大は延長12回引き分け!慶大・清水翔が初本塁打など活躍もサヨナラならず

こちらの記事も読まれています

新着記事