掲載日: 文章:Clipee運営局

【阪神】9点差をひっくり返す世紀の大逆転劇!高山が大逆転の口火斬る活躍で阪神が首位!

5月6日、阪神甲子園球場で行われた阪神タイガース対広島東洋カープの8回戦は、阪神が9点差をひっくり返す大逆転劇で12-9で勝利。阪神は昨季新人王の高山俊が2安打3打点の活躍で勝利に貢献し、広島を抜いて首位に立った。

0-9からの大逆転勝利で首位浮上

球団初の快挙だった。プロ初登板初先発となった福永春吾が打ち込まれ4回6失点で降板。後を受けた松田遼馬も打ち込まれ、5回までに9点差をつけられた。1点を返して迎えた6回、先頭の高山が四球を選ぶと、これが反撃の狼煙となる。北條史也が二塁打で続くと、糸井嘉男の内野ゴロの間に1点を返す。そこから打線が繋がり4点差にまで追い上げると、2死満塁で高山にこの回2度目の打席が回る。このチャンスに高山は右翼への3点適時三塁打を放ち1点差にまで迫る。

梅野隆太郎の適時打などで11-9と逆転した8回にも、高山は二塁内野安打で出塁すると、ダメ押しのホームを踏んだ。

高山らの活躍で9点差をひっくり返した阪神は、球団初の大逆転勝利で首位にたった。

【阪神vs.広島】阪神ドラフト6位・福永春吾が初先発!四国ILの奪三振王がベールを脱ぐ

キーワード

新着記事