掲載日: 文章:Clipee運営局

【ソフトバンク】8号2ランのデスパイネが量産体制!初本塁打から19試合で8本!昨季超えるペース

5月7日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークスの9回戦は、ソフトバンクが8-2で大勝を収めた。ソフトバンクはキューバの大砲・デスパイネが先制の8号2点本塁打を放ち勝利に貢献した。

一時期は打率1割台も徐々に上昇

目覚めたデスパイネが量産体制に入った。両チーム無得点の2回、無死一塁で第1打席を迎えると、ロッテ先発・唐川侑己の外角高めの直球を高々と打ち上げ、右翼席に叩き込んだ。デスパイネの8号先制2点本塁打で打線に火がつき、ソフトバンクはこの日大量8得点を奪った。

シーズン序盤は不振に喘いだデスパイネだが、4月15日のオリックス戦で今季1号を放ってからは呪縛が解けたかのように本塁打を量産している。初本塁打から19試合で8本塁打と好調をキープし、それと同時にチームの浮上し2位につけている。

昨季の24本塁打を超えるペースで打ち続けるデスパイネがソフトバンクを王座奪還に導く。

【ソフトバンク】若鷹・上林が2戦10打点の大爆発!逆転の5号満塁弾で西武粉砕

キーワード

新着記事