掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】法大・菅野が7回3失点の好投で2勝目!慶大・大西が初打席も三振に倒れる

5月7日、東京六大学野球連盟は第5週が行われ、第2試合の「慶応義塾大学対法政大学」の2回戦は、5-4で法大が逆転勝ちを収めた。法大の先発・菅野秀哉が7回3失点と試合を作り、今季2勝目を挙げた。

点の取り合いは法大の粘り勝ち

試合は慶大・髙橋祐樹、法大・菅野の両先発で始まった。

慶大は初回、菅野の立ち上がりを攻め、5番・郡司裕也、6番・清水翔太の適時打で2点を先制。1点を返され、2-1の3回には今週ドラフト候補の岩見雅紀の適時打で再び2点差とリードを広げる。3回以降は両投手陣が走者を出しながらも得点は許さない粘りの投球で6回まで互いに無得点。

2点を追う法大は7回、慶大2番手の菊池恭志郎を攻め無死二、三塁とすると、8番・船曳海の適時二塁打、菅野の代打・小林満平の適時打で同点に追いつく。さらに1番・相馬優人の適時二塁打で逆転に成功。
8回からはエース・熊谷拓也がマウンドに上がり、1点を失ったものの逃げ切り、法大が先勝した。

慶大は9回、岩見に代わり左翼の守備に入っていた大西健斗(北海)が初打席を迎えたが、三振に倒れた。

両校は8日に3回戦を戦う。

【東京六大学野球】これぞ4番!立大・笠松がソロ、満塁弾で5打点の大爆発

こちらの記事も読まれています

新着記事