掲載日: 文章:Clipee運営局

オコエにプロで借りを返したい!立教大の左腕・比屋根雅也【Players report】

昨年オドラフト会議で澤田圭佑、田村伊知郎と2名の投手をプロに送り込んだ立教大学。今年の1年生にも有望株が入ってきた。すでに中継ぎとして春季リーグから出番を得ている比屋根雅也だ。

氏名:比屋根雅也(ひやねまさや)
守備:投手
投打:左投左打
所属:立教大学
出身:あげな中学(軟式)→興南高校

沖縄県の強豪・興南高校出身の比屋根。2年時にエースナンバー「1」を背負い、春夏連覇を果たして以来の甲子園に導いた。甲子園では3試合に登板し準々決勝の関東一高戦ではオコエ瑠偉(楽天)に本塁打を浴び敗戦投手となった。島袋洋奨(現ソフトバンク)のように優勝は出来なかったもののベスト8の実績を残している。3年時に甲子園出場はならず東京六大学の立教大学へ進学。

1年春に中継ぎとして登板機会を得ておりデビュー戦となった4月24日の慶応戦では郡司裕也に一発を浴びたものの3回を投げ1失点。その後も登板機会を与えられており5月7日時点で3試合に登板し6回1失点、被安打6、与四球1、奪三振4、防御率1.50と手応えを掴んでいる。

高校時代の最速は130キロ台と球速は早くない。スライダー、チェンジアップなどを用いて緩急で打者を打ち取っていく。大学の4年間で球速を上昇させストレートに威力が出てくれば面白い存在になりそうだ。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事