掲載日: 文章:Clipee運営局

カブス・上原は1回をわずか9球で三者凡退の好投!3戦連続3人斬り

カブス・上原は1回をわずか9球で三者凡退の好投!3戦連続3人斬り
photo by Gettyimages

現地時間5月7日、リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキースの一戦で、カブスの上原浩治が完璧なリリーフを見せた。

3戦連続での3人斬りの好リリーフ

カブスは3点を追う9回裏、バエスの適時打やリゾの押し出し死球などで追いつき、勝負は延長戦にもつれ込んだ。互いに追加点を許さず4-4と同点の12回表、カブスの上原が5番手としてマウンドに上がった。

上原は先頭のディディ・グレゴリアスを一ゴロに打ち取ると、チェース・ヘドリーの打席では左翼手カイル・シュワバーの好守もあり1球で左邪飛に仕留める。3人目のオースティン・ロマインは1ボール2ストライクから真ん中高めの直球で空振り三振に仕留め、わずか9球で三者凡退に仕留めた。

この日の上原は1回無失点、被安打0、四死球0、奪三振1(9球)と完璧な投球を披露し、防御率2.84とした。

カブス・上原は1回無失点の好投で移籍後初勝利

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事