掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】法大・中山2号!慶大・岩見4,5号連発!5校が勝点2で並ぶ大混戦

5月8日、東京六大学野球連盟は第5週が行われ、第1試合の「法政大学対慶應義塾大学」の3回戦は、法大が8-4で勝利した。両チームの主砲に一発が出る打ち合いを制した法大が連勝で勝点2とした。

法大・中山、慶大・岩見がアーチの競演

試合は法大・長谷川裕也、慶大・関根智輝の両先発で始まった。

法大は2回、6番・川口凌、8番・船曳海の適時打で3点を先制すると、3回には4番・中山翔太の今季2号2点本塁打、7番・鎌倉航の適時打でさらに3点を追加し、6-0と大量リード。
追う慶大は6回、今秋ドラフト候補の3番・岩見雅紀の通算13号となる今季4号ソロ本塁打で1点を返す。さらに7回、岩見の2打席連続の5号2点本塁打などで3点を加え2点差に迫る。
突き放したい法大は8回、2死二、三塁から3番・首相の森龍馬の2点適時打で8-4とし、勝負を決めた。最後は今秋ドラフト候補の熊谷拓也が締めて法大が逃げ切った。

第6週では法大は試合がなく、慶大は明治大学と対戦する。第5週で法大が勝点2になったことにより、東京大学以外の5校が勝点2で並ぶ大混戦となっている。

オコエにプロで借りを返したい!立教大の左腕・比屋根雅也【Players report】

新着記事