掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球】ドラフト候補の亜大・北村拓己が適時二塁打!嘉陽は2.2回無失点

5月9日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第6週が行われ、第1試合では「日本大学対亜細亜大学」の1回戦が行われ6-5で亜大が日大を下している。

亜大は投打の主軸が役割を果たす

初回、失策の間に1点祖日大が先制するも、その裏、亜大は4番の頓宮裕真が左前適時打を放ちすぐさま同点に追いつく。3回裏にも再び、頓宮の適時二塁打、手塚渓登の適時打で2点を奪い3-1と2点のリード。

直後の4回表、日大は西田賢太が逆転の3点本塁打を放ち再び4-3とリード奪った。しかし、その裏に亜細亜大は1死満塁から暴投、ドラフト候補でもある北村拓己の適時二塁打で3点を奪い6-4と再逆転。7回に日大は北阪真規が適時打で1点を返すが反撃もここまで6-5で亜細亜大が先勝した。

ドラフトで注目の亜大・嘉陽宗一郎は7回途中からマウンドに上がると2.1回を投げ3奪三振の好投を見せた。

両校は明日(10日)に第2回戦を行う。

横浜高の主将から明大へと進学!公家響【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事