掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球】これぞ首位攻防戦!9回にアベック本塁打で東洋大が國學院大に逆転勝利!

5月9日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第6週が行われ、第2試合では「東洋大学対國學院大学」の1回戦が行われた。首位攻防戦となったこの一戦は行き詰まる投手戦が繰り広げられ劇的な幕切れとなった。

プロ注目の東洋大・飯田は9回1失点

首位攻防戦となった東洋大対國學院大の一戦は2回裏に國學院大の工藤陽平が東洋大の先発飯田晴海からソロ本塁打を放ち1点を先制。國學院大先発の山岡就也、飯田共に好投を見せ試合はその後、得点が入らない。國學院大は山岡を6回で下ろし継投策に入り宮内孝匡を投入。宮内は山岡同様に8回まで0を並べるが9回田中将也、中川圭太の連続本塁打で2点を奪われ逆転を許す。

1点のリードをもらった飯田は9回裏を無失点に抑え1失点完投勝利。味方の逆転を信じ最後まで投げ抜き好投が報われた格好だ。

注目の納大地(東洋大)は守備のみの出場となり打席は回ってこなかった。

両校は明日(10日)に2回戦を行う。

【東都大学野球】ドラフト候補の亜大・北村拓己が適時二塁打!嘉陽は2.2回無失点

こちらの記事も読まれています

新着記事