掲載日: 文章:Clipee運営局

【西武】髙橋光成が粘りの投球で今季初勝利!先発全員安打の猛攻で光成を援護

5月9日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズの一戦は、西武が7-2で快勝を収めた。西武は3年目の髙橋光成が5回2失点と粘りの投球で今季初勝利を挙げ、チームの連敗ストップに貢献した。

打線爆発!先発全員安打で髙橋光成を大量援護

2014年ドラフト1位右腕が苦しんだ末にようやく今季初白星を手にした。初回から苦しい投球を強いられた。先頭の西川遥輝にフルカウントから四球を与えると、日本ハムの主砲・中田翔に先制打を許す。2回にも大野奨太に2号ソロを浴びて2点を失ってしまう。しかし3回に中村剛也の適時打、栗山巧の本塁打で試合をひっくり返すと、そこからは粘りの投球を見せた。3回、4回には安打を浴びながらも無失点。5回にはこの試合初めての三者凡退に抑え、降板した。

髙橋光はこの日、5回を投げ4安打2四球も7奪三振と要所で三振を奪い、日本ハム打線に試合の流れを渡さなかった。「今度は長いイニングを投げて中継ぎの方を休ませてあげたい」とコメント。3年目のドラ1右腕は、初勝利にも満足していない。

【西武】これがエースだ!菊池雄星が7回1失点、9奪三振の好投で3勝目

キーワード

新着記事