掲載日: 文章:Clipee運営局

【ヤクルト】大松尚逸が劇弾!延長12回に1号代打サヨナラ本塁打!「初めまして。大松尚逸です」

5月9日、明治神宮野球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対広島東洋カープの一戦は、ヤクルトが3-2で延長12回の激闘を制した。今季からヤクルトに加入した大松尚逸が今季1号の代打サヨナラ本塁打を放ち、熱戦に終止符を打った。

昨オフ戦力外からヤクルトに加入し代打の切り札に

高々と打ち上げた一撃だった。勝利目前の8回、菊池涼介の適時打で同点に追いつかれると、そこからは互いに一歩も譲らぬ手に汗握る展開となった。2-2で迎えた12回表、広島は代打の切り札・新井貴浩が打席に入るが、5番手・近藤一樹が押し切り右飛に打ち取る。負けがなくなったヤクルトは12回裏、代打の切り札・大松尚逸が打席に入る。中田廉の4球目のスライダーを振り切った打球は右翼席に飛び込む1号サヨナラアーチとなり、ヤクルトが激戦を制した。

初めての神宮球場でのお立ち台に大松は「初めまして、ヤクルトスワローズの大松尚逸です。これからも応援よろしくお願いします」と話し、激戦を見届けたファンを沸かせていた。

長く辛いリハビリを乗り越え、戦力外からヤクルトに入団した苦労人が、新天地で大仕事をやってのけた。

【ヤクルト】ドラ2ルーキー・星知弥がプロ入り初勝利!打線の大量援護に守られ初白「星」!!

新着記事