掲載日: 文章:Clipee運営局

アストロズ・青木は2試合連続安打!4月25日以来の打点でチームの勝利に貢献

アストロズ・青木は2試合連続安打!4月25日以来の打点でチームの勝利に貢献
photo by Gettyimages

現地時間5月9日にミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対アトランタ・ブレーブスの一戦は初回から2本の本塁打で5点を奪ったアストロズが8-3で勝利した。アストロズはアメリカンリーグ西地区で唯一の貯金生活(22勝11敗)となり首位を独走している。この試合、アストロズの青木宣親は9番左翼で先発出場を果たした。

ダメ押しの1点を奪う中前打

5-0と5点リードで迎えた2回裏、先頭打者として打席に入った青木はカウント3ボール1ストライクからの5球目を一塁ゴロ。2死一塁で迎えた第2打席では2球で追い込まれた直後の3球目を中飛に打ち取られる。しかし、7-4と3点差で回ってきた6回2死三塁の場面ではファールで粘り、カウント2ボール2ストライクからの8球目を中前にはじき返し4月25日以来の打点を挙げた。

この日の青木は3打数1安打1打点で打率.280(75打数21安打)としている。

アストロズ・青木は3試合ぶりの安打を放つもサヨナラ負け

新着記事