掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球】東洋大が村上頌樹の好投で2連勝!残り2週で首位奪取!

【東都大学野球】東洋大が村上頌樹の好投で2連勝!残り2週で首位奪取!
photo by youtube.com

5月10日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第6週が行われ、第1試合では「國學院大学対東洋大」の2回戦が行われた。首位攻防戦となったこの一戦は東洋大が9-2で勝利し勝ち点を獲得し2週を残して首位に浮上した。

序盤に東洋大が大量点を奪い大勝

前日(9日)の試合で投手戦を制した東洋大がこの日も先制点を奪った。2回裏に1死一、三塁から捕逸で1点を奪う。その後、小川翔平が適時二塁打を放つなどこの回4点。続く3回も2死満塁から再び小川が適時打、竹原祐太が適時三塁打で3点を加えこの回も4点を奪い8-0と大量リードを奪う。

東洋大の先発・村上頌樹は國學院打線を3回まで無失点に抑えるが、4回表に鹿屋陸のソロ本塁打で1点を失う。しかし、7回途中まで好投を続け6回2死から山下雅善にバトンタッチ。2人の継投でその後も國學院大打線を封じ9-2で東洋大に連勝した。

東洋大の連勝によって優勝の行方は次週以降へと持ち込された。首位に立った東洋大は次週、試合が無く第8週(5月23日)に日本大と試合を行う。國學院大は次週(5月16日)に亜細亜大と対戦する。

甲子園では現JR東日本・板東から3安打!國學院大の2番打者・飯野周太【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事