掲載日: 文章:Clipee運営局

【広島】連日の大熱戦!鈴木誠也の2発5打点で広島が乱打戦を勝利!

5月10日、明治神宮野球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対広島東洋カープの一戦は、広島が8-7で乱打戦を制した。広島は4番に座る鈴木誠也が2本塁打を含む3安打5打点の大活躍を見せ、連日の大熱戦に勝利。

広島の若き4番が神宮の杜に2発の特大花火

真っ赤に染まった神宮の三塁側スタンドが熱狂の渦に包まれた。前日の試合では引き分け間際の延長12回裏に代打・大松尚逸のサヨナラ本塁打で悔し涙を飲んだ広島ナインだが、この日はその悔しさも晴らすかのような猛打を見せた。

初回、丸佳浩の適時二塁打で先制すると、鈴木も適時二塁打を放つなど3点を先制。1点差に迫られた3回には無死二塁から左翼席上段への6号2点本塁打を放った。ヤクルトに逆転されて迎えた7回2死一塁の場面では、またしても左翼席へ一発を放ち再逆転。

その後も加点しリードを守り切った広島が、8-7のルーズヴェルトゲームを制して連敗を4で止めた。

【ヤクルトvs.広島】昨季最多勝右腕・野村がチームの連敗ストップに向けて登板!

こちらの記事も読まれています

新着記事