掲載日: 文章:Clipee運営局

球速は無くともキレで勝負!東洋大で同期の村上に追いつきたい!内池翔【Players report】

2016年春のセンバツでは寺島成輝、高橋昂也らの超高校級左腕に次ぐ存在として注目を浴びていた桐生第一高の内池翔だ。

氏名:内池翔(うちいけかける)
守備:投手
投打:左投左打
所属:東洋大学
出身:川内中学(軟式)→桐生第一高校

2016年春のセンバツで好左腕として注目を浴びていた内池。初戦の滋賀学園戦では3.1回自責6とノックアウトされ無念の降板。試合前にアクシデントがあり左ヒジを負傷していたことによるものだった。夏の雪辱を目指したが戦列復帰は夏の予選から。その予選では前橋育英に敗れ、甲子園の舞台に再び戻ってくることはできなかった。

177センチ・75キロと細身な身体から繰り出されるストレートの最速は138キロ。しかし、スライダー、カーブを混ぜ内角勝負をすることで多くの三振を奪ってきた。

プロ志望届は提出せずに東洋大学へと進学。初戦敗退となった春のセンバツで優勝投手に輝いた村上頌樹とチームメートとして4年間を戦う。村上は初勝利を飾ったものの内池に登板機会は無く、ライバルに遅れを取っている。大学4年間で高校時代の優勝投手に追いつき追い越していきたい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事