掲載日: 文章:Clipee運営局

ダルビッシュ有、6回3失点無四球で4試合連続のQS達成!

ダルビッシュ有、6回3失点無四球で4試合連続のQS達成!
photo by GettyImages

現地時間5月10日、グローブライフ・パーク・イン・アーリントンで行われたテキサス・レンジャーズ対サンディエゴ・パドレスのインターリーグの一戦で、ダルビッシュ有(レンジャーズ)が先発登板を果たしている。

制球が安定し4試合連続のクオリティスタート達成

ここまで自身3連勝中と勢いに乗るダルビッシュは初回、簡単に2死を奪うも3番のウィル・マイヤーズに中堅への本塁打を浴びて1点を失う。同点に追いついた2回、エリク・アイバーにも一発を浴びて2点目を失う。さらにマット・シーザーに適時二塁打を許しこの回までに3失点。

3回以降は立ち直り、無失点投球を続ける。4回にはアイバー、シーザーに安打を浴び、さらに暴投で2死二、三塁のピンチを迎えたが、ルイス・トーレンスを二ゴロに仕留めて無失点。5回は三者凡退とすると、その裏味方打線が2点を返して同点に追いつく。6回も無失点に抑えたダルビッシュはこの回で降板した。

この日のダルビッシュは6回3失点、被安打7、与四球0、奪三振6(95球)で防御率2.96とし、先発投手の役割を果たして降板している。

ダルビッシュは7回1失点、4四球も粘りの投球を披露

こちらの記事も読まれています

新着記事