掲載日: 文章:Clipee運営局

これからが楽しみ!活躍が期待される大学野球の新人たち!【東都大学野手編】

4月から全国各地で大学野球が開幕し、優勝に向けて各校が凌ぎを削っている。中には1年生ながらも既にリーグ戦デビューし、活躍を見せている選手もいる。納大地(東洋大)など、既にスタメン出場、初安打を放つ活躍している選手もいる【東都大学投手編】をご紹介したい。

陸上界のスター・サニブラウンに勝った男!五十幡亮汰(中央大学)

中学時代には陸上競技でも活躍し、日本短距離界の新星として話題のサニブラウン・ハキームにも勝ったことがある。佐野日大髙では1年夏からベンチ入りし、9番打者として打率6割を記録。以降も俊足好打の外野手として活躍した。中大では1年春にデビューし、内野安打を放つなど持前の俊足を活かした活躍を見せている。

名門大阪桐蔭で1年秋からレギュラー!強肩強打の遊撃手・中山遥斗(國學院大學)

西の横綱・大阪桐蔭では1年秋から1番・三塁のレギュラーとして活躍。2年春、3年春のセンバツ甲子園大会に出場。3年時には2番・遊撃として臨んだが、早川隆久(早稲田大学)擁する木更津総合に敗れた。3年夏も3回戦でまさかの敗退を喫したが、大学ではその悔しさもぶつけて、チームの勝利に貢献したい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事