掲載日: 文章:Clipee運営局

【日本ハム】球団最多タイの1試合7本塁打!過去の7本塁打時には蔦文也が登板するもまさかの敗戦!

5月12日、東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズの一戦で日本ハムが球団タイ記録となる1試合7本塁打を放った。

1950年以来67年ぶりの1試合7本塁打

2回裏に大田泰示のソロ本塁打が飛び出すとその後は面白いように打ち上げ花火が上がった。大田、レアードが2発。中田翔、近藤健介、西川遥輝もそれぞれ本塁打を放ち球団タイ記録となる1試合7本塁打。

初めて球団記録が達成されたのは東急フライヤーズ時代の1950年5月31日のことだった。毎日オリオンズ戦で保井浩一が3本塁打を放つと常見昇が2本塁打、溝上浩一、片岡照七がそれぞれ1本塁打の計7本塁打。(延長を含めると1971年5月3日にも達成)

しかし、7本塁打を放ったもののミサイル打線を誇る毎日に11-23と敗れている。尚、この試合で後に池田高校でヤマビコ打線を築く蔦文也が東急の3番手として登板。

蔦は1年のみではあるが、東急フライヤーズでプロ野球を経験しており5試合に登板0勝1敗の成績となっている。

【日本ハムvs.ロッテ】前回初登板初勝利の浦野博司が2度目の先発!

こちらの記事も読まれています

新着記事