掲載日: 文章:Clipee運営局

浦和学院高時代に全国制覇!明大からプロを目指す・竹村春樹【Players report】

浦和学院高で全国制覇を果たし夏のU18旋回選手権でも好成績を残し注目を浴びていた竹村春樹。現在は明治大の二塁・遊撃をこなし昨秋に続くリーグ戦制覇を目指している。

氏名:竹村春樹(たけむらはるき)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:明治大
出身:小山ボーイズ→浦和学院高校

浦和学院では4度の甲子園に出場。3年春に1学年下の小島和哉(現早稲田大)を擁し全国制覇を成し遂げた。夏の個選手権では初戦敗退となったものの通算12試合に出場し打率.308をマークしている。U18世界選手権に松井裕樹(現楽天)、森友哉(現西武)らとともに出場し8試合で打率.333をマーク。日本の準優勝に大きく貢献した。プロ志望届を提出することなく東京六大学の明治大へ進学。

明大では1年春から試合に出場。2年秋にレギュラーを獲得し初めて規定打席に到達。打率.300をマークし期待が高まった。しかし、その後は低迷し3年生となった昨年は春秋共に絶不調。レギュラーを奪われる形となった。守備力は高いだけに打撃力を磨きたいところだ。

最上級生となった今年は第5週を終わった時点で打率.125と調子が上がらない。打順も上位打線、下位打線と定まっていないが好結果を残し先にプロ入りを果たした松井、森らに追いつきたい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事