掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】慶大が明大に先勝!プロ注目の岩見雅紀は犠飛で1打点

5月14日、明治神宮野球場で東京六大学野球連盟は第6週が行われ、第2試合の「明治大学対慶応大学」の1回戦は5-3で慶大が明大を下し勝利した。

点の取り合いは慶大が制す

明大・齊藤大将、慶大・高橋佑樹の両先発で始まったこの試合。主導権を握ったのは明大だった。初回に失策から1点を奪うと3回には平塚大賀の犠飛で1点を追加し2-0とリードを広げる。慶大は5回裏に柳町達の適時打、岩見雅紀の犠飛などで3点を奪い逆転に成功。追う展開となった明大は6回表に宮崎新がソロ本塁打を放ち同点とする。

しかし、慶大は7回に暴投で1点を勝ち越すと8回には瀬尾翼が適時打を放ち5-3とリードを2点にし試合を決めた。

慶大は高橋佑樹、菊池恭志郎投手陣が9安打を浴びるも7回から登板した高橋亮吾が3回をパーフェクトに抑え明大の攻撃を封じている。

第2回戦は明日(15日)に同じく明治神宮野球場で行われる

【東京六大学野球】早大・小島が2安打完封勝利で立大を下す!立大・田中は1失点完投も援護無く敗戦

新着記事