掲載日: 文章:Clipee運営局

【日本ハム】首位打者独走中の近藤健介が今日もマルチ安打!

5月14日、東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズの一戦は4-2で日本ハムが勝利。日本ハムはこれで4連勝とし上位浮上のきっかけとなりそうだ。敗れたロッテは今シーズン3度目の5連敗。

中田の復活が待たれる

2点を先制された日本ハムは3回裏に1死満塁のチャンスを作ると岡大海が犠飛で1点を返す。さらに、続く近藤健介が中前適時打を放ち2-2の同点。5回には死球で出塁し、先頭打者で迎えた7回には二塁打と4打席で3出塁。3打数2安打1打点で打率.433と首位打者をキープ。

2位の浅村栄斗は打率.354となっており約.080の差をつけて独走中。大谷翔平が不在でもヒットメーカー近藤が3番に座り役割を果たしている。主砲のレアードも調子を上げてきた日本ハム。シーズン序盤ではあるが、首位打者・近藤、本塁打王・レアードとなり打線が勢いづいてきた。

あとは侍の主砲でもある中田翔の復活を待つばかりだ。大谷不在を全員で乗り切り後半戦の巻き返しを行いたい。

ダルビッシュ有と夢の競演なるか!?レンジャーズが大谷を視察

新着記事