掲載日: 文章:上杉 あずさ

上杉あずさの今週の1ダホー!、一年のリハビリを終え、実戦復帰を果たした二保旭

こんばんは。とにかく野球が大好き、上杉あずさです。毎週日曜日に、“あずさの今週の1ダホー!”として、1週間のホークスを振り返り、「ワンダホー!」と感じたことを綴って参ります。純に真っすぐに野球と向き合って、見たこと感じたことを発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

7回目は、

【ガンバレ日本!ガンバレ二保ん!ワンダホー!】

 今週は、13日に熊本・藤崎台野球場で、熊本地震後、初のホークス公式戦開催。復興への想いのこもった大事な一戦となりました。前日には、監督が熊本県庁、熊本市役所を表敬訪問。選手たちは益城町の小学校を訪問し、子供たちとふれあいました。それぞれの選手が感じた想いを素直にぶつけた好ゲームだったな~と思って、グッときました。これからも、野球でたくさんのキラキラした希望の光を届けてほしいです!頑張れ日本!

それに加えて、頑張れ二保ん!頑張れ二保旭!

右肘靱帯再建手術から、およそ1年。二保旭投手が、5月14日、タマスタ筑後で行われた香川オリーブガイナーズ(四国アイランドリーグ)との3軍交流試合で、7回にリリーフとして実戦復帰を果たしました!1回を投げ、空三振、空三振、二ゴロ。見事、三者凡退に抑えました!本当にワンダホー!です!

二保投手は、2015年シーズン、1軍で中継ぎとしてプロ初勝利を含む6勝をあげるなど、チームに貢献しました。2008年に育成で入団した苦労人は、7年目の一昨年、開幕一軍を勝ち取り、結果を出しました。もちろん、翌年からの更なる活躍に期待が寄せられていました。しかし、キャンプ中、右肘の痛みを訴え、離脱。昨年4月19日に右肘靱帯再建手術、いわゆるトミー・ジョン手術を受けたと発表され、復帰まで10か月以上と報じられました。それから1年。リハビリ生活を乗り越えて、今日、試合でマウンドに上がったのです。

新着記事