掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】慶大が連勝で勝点3の首位!郡司が3号に盗塁阻止の大活躍!

5月15日、東京六大学野球連盟は明治神宮野球場で第6週が行われ、第1試合の「慶應義塾大学対明治大学」の2回戦は、慶大が3-0で快勝した。慶大は2年捕手の郡司裕也が好守に活躍し、チームを連勝に導いた。

郡司が同世代のライバル森下から一発を放つ

慶大は2回、2年生ながら5番捕手としてチームの中心的存在に成長した郡司が、明大の先発・森下暢仁から今季3号となる左翼席への一発で先制点を叩き出す。4回には倉田直幸の適時打、6回には清水翔太の適時二塁打で小刻みに加点し3点を奪った。

投げては慶大の先発・菊池恭志郎がリーグ戦初先発のマウンドに上がる。初回、明大・竹村春樹に出塁を許すが、郡司の盗塁阻止で無失点。先制点をもらったあとも、走者を出しながらも要所を締める投球で9回無失点で、初先発初勝利を見事な初完封で飾った。

明大は4回、今年からDeNAで活躍している佐野恵太の弟、佐野雄太が代打で出場しリーグ戦初安打を放ったが、得点に結びつかず零敗を喫した。

慶大は勝点3として首位に立った。慶大の次戦は第8週の早稲田大学戦。明大は第7週で立教大学と対戦する。

これからが楽しみ!活躍が期待される大学野球の新人たち!【東都大学野手編】

こちらの記事も読まれています

新着記事