掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】立大が劇的サヨナラ劇!代打・大東が勝負決めるサヨナラ打!

5月15日、東京六大学野球連盟は明治神宮野球場で第6週が行われ、第2試合の「早稲田大学対立教大学」の2回戦は、立教大学が5-4で勝利した。立教大学は同点で迎えた9回裏、大東孝輔のサヨナラタイムリースリーベースで勝負を決めた。

3点差を追いつかれた直後のサヨナラ劇

立大が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

立大は1点を追う3回、髙取克宏の適時打で追いつくと、その後も藤野隼大、笠松悠哉の適時打で加点すると、5回には藤野の3安打目となるリーグ戦初本塁打でリードを3点とする。

早大は3回に長谷川寛のリーグ戦初本塁打で先制点を奪うが、その後は立大投手陣の前に追加点が奪えない。すると3点ビハインドで迎えた9回、加藤雅樹、三倉進の適時打で3点を奪い同点とした。

同点に追いつかれた立大だったが、9回に早大のエース・大竹耕太郎を攻め、代打・大東のタイムリースリーベースでサヨナラ勝ちを決めた。

立大の勝利で1勝1敗のタイにもつれ込んだ両校は、勝点をかけて16日に3回戦を行う。

【東京六大学野球】慶大が連勝で勝点3の首位!郡司が3号に盗塁阻止の大活躍!

こちらの記事も読まれています

新着記事