掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】立大がドラフト候補・熊谷の適時打などで早大を下す

5月16日、明治神宮野球場で東京六大学野球連盟は第6週が行われ、第1試合の「立教大学対早稲田大学」の3回戦は6-4で立大が早大を下し勝利した。

小島を6回途中で引きずり下ろす

1勝1敗で迎えた3回戦の先制点を奪ったのは立大だった。初回、ドラフト候補でもある4番・笠松悠哉が適時打を放ち1点リード。その後は早大・小島和哉、立大・田中誠也と両先発が踏ん張り5回まで1-0のまま試合は進む。

6回表に熊谷の適時二塁打などで小島をマウンドから引きずり下ろし一挙4点を奪い5-0とリードを5点差に。早大はその裏に檜村篤史、加藤雅樹の本塁打で2点を返し2-5と3点差に詰め寄った。

立大は7回にスクイズで1点を追加し6-2とさらにリードを広げ、逃げ切り体制に入る。その後、粘る早大は9回裏に代打で出場した熊田睦がのリーグ戦初本塁打となる2点本塁打で4-6と2点差に。しかし、早大の反撃もここまで。立大が6-4で勝利を収めている。

150キロ右腕がリハビリを経て今春復帰!ケムナ・ブラッド誠【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事