掲載日: 文章:Clipee運営局

【阪神】秋山が新人年以来7年振りの完投勝利!12Kの奪三振ショー披露!

5月16日、阪神甲子園球場で行われた阪神タイガース対中日ドラゴンズの一戦は、8-1で阪神が大勝。阪神の先発・秋山拓巳が9回1失点で2010年以来の完投勝利を挙げ、チームを勝利に導いた。

高卒1年目以来7年振り完投の秋山!

130球の熱投で中日打線を抑え込んだ。初回、先頭の京田陽太に安打を許したが、荒木雅博、大島洋平を連続三振、ビシエドを中飛に抑えて事なきを得た。2回以降も走者を許すなど、決して楽な投球ではなかった。5回には2死から京田に二塁打、荒木の適時打で1点を失ったが、今年の秋山はここで崩れない。終盤に向かうにつれリズムを取り戻し、6~8回は三者凡退に抑えた。9回には安打を許しながらも打者3人で片づけ、見事今季初めての完投勝利。9回以外は毎回の12奪三振だった。

秋山の完投は高卒1年目だった2010年以来、実に7年振りとなる。そのときはヤクルト戦で無四球完封勝利という衝撃の投球を見せたが、7年という年月を経て我慢の投球を見に付けた秋山がそのときにも負けない輝きを見せている。

【阪神vs.中日】菅野に投げ勝ち先発の柱に成長した「伊予のゴジラ」秋山が3勝目かけ先発!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事