掲載日: 文章:Clipee運営局

上原は1回2失点もチームはレッズに勝利!勝率5割復帰

上原は1回2失点もチームはレッズに勝利!勝率5割復帰
photo by GettyImages

現地時間5月16日にリグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対シンシナティ・レッズの一戦は9-5でカブスが勝利し19勝19敗の勝率5割に復帰した。この試合でカブスの上原浩治は中継ぎとして登板したものの2失点。

今シーズン初被弾

7-3と4点リードで迎えた7回表に右原はカブスの3番手としてマウンドに登る。レッズ先頭の俊足ビリー・ハミルトンに安打を許すと1死後に主砲・ジョーイ・ボットーへ本塁打を浴び2点を失う。これで7-5となりカブスのリードは2点に。これが上原にとって今シーズン初の被本塁打となった。後続は打ち取り、リードは保ったままマウンドを降りている。

この日の上原は1回2失点、被安打2、与四球0、奪三振1(17球)の内容で防御率は3.68となった。

4試合連続無失点を継続していたがここに来て失点。前回失点時も4試合連続無失点を達成後の失点となっており、5試合目が一つの壁となっているのかも知れない。

上原が1回2奪三振の好投でカージナルスに勝利!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事