掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球】国学大の左腕エース・山岡が6回1失点の粘投で4勝目!国学大が先勝!

5月17日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第7週が行われ、第1試合は「亜細亜大学対國學院大学」の1回戦が行われ、国学大が2-1で勝利。国学大は左腕エースの山岡就也が先発し、6回1失点の好投で優勝争いをするチームを勝利に導いた。

亜大は優勝争いから後退か

国学大は初回、2死二塁とチャンスを作り、4番・鹿屋陸の適時打で先制点を挙げる。3回には9番に入る横井佑弥の2号ソロ本塁打で1点を追加しリードを2点とする。先発の山岡は4回に1点を失ったが、失点はこれだけ。6回を投げて被安打6四死球4と走者を出しながらも粘りの投球で試合を作った。

今秋ドラフト候補の嘉陽宗一郎、高橋遥人の二枚看板が不調に苦しむ亜大は、3年の中村稔弥が先発。4回に佐久本一輝の適時打で1点を取り返したが、反撃はここまで。7回2失点の好投を見せた中村を援護できなかった。

両校は18日に2回戦を戦う。国学大は連勝で勝点を獲得し、優勝争いを一歩リードしたい。

【東京六大学野球】立大がドラフト候補・熊谷の適時打などで早大を下す

こちらの記事も読まれています

新着記事