掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球】ドラフト候補の中大・鍬原が9回途中2失点で4勝目!内山・牧の1年コンビが活躍!

5月17日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第7週が行われ、第2試合は「中央大学対専修大学」の1回戦が行われ、中大が3-2で勝利した。中大のエース・鍬原拓也は9回途中2失点の好投で今季4勝目。

専大は1分挟んで9連敗…

優勝の可能性が消えた中大は4回、1年生ながら3番に座る内山京祐(習志野)が先制の本塁打を放つ。さらに専大の先発・堀田竜也を攻めたて1死二、三塁とすると、五十嵐滉希の内野ゴロでさらに1点を追加。8回には1年の牧秀悟(松本第一)の内野ゴロの間に1点を追加し、リードを3点とした。

投げては今秋ドラフト候補のエース・鍬原が7回まで無失点投球。8回に1死満塁のピンチを迎え、専大の2番・岡本良樹に2点適時打を浴びたが、同点は許さない。9回先頭に死球を与えて降板したが、リリーフした花城凪都が無失点に抑えて中大が勝利。

両校は18日の第1試合で2回戦を戦う。専大はここまで0勝9敗1分と勝ち星がないが、最後に意地を見せたいところだ。

【東都大学野球】国学大の左腕エース・山岡が6回1失点の粘投で4勝目!国学大が先勝!

こちらの記事も読まれています

新着記事