掲載日: 文章:Clipee運営局

弘前東高・初の甲子園切符を目指す!鳥谷部慎吾【Players report】

坂本勇人(巨人)、北條史也(阪神)などを輩出した八戸学院光星、さらには青森山田らがひしめく青森県の高校野球。その中で全国的には無名の弘前東高校からドラフト候補が表れた。最速143キロ左腕の鳥谷部慎吾だ。

氏名:鳥谷部慎吾(とりやべしんご)
守備:投手
投打:左投左打
所属:弘前東高校
出身:弘前市立南中学(軟式)

弘前東高へ進学後に投手転校を果たした鳥谷部。昨秋の青森県大会では全国屈指の強豪である八戸学院光星に準決勝でノックアウトされたものの3位決定戦に勝利し東北大会へ出場。同校史上初の快挙を牽引した。

東北大会では21世紀枠の候補にも選ばれた横手(秋田)に3回途中4失点、与四死球6と精鋭を欠き初戦敗退となっている。しかし、180センチ・80キロとがっしりとした体格から繰り出される最速143キロのストレート、スライダーは目を見張るものがありスカウトの評価も高い。

東北大会の結果からもわかるとおり制球難なため安定感はないが、ストレート、スライダーを武器に三振を多く奪う。八戸学院光星、青森山田などを倒して甲子園へ出場するためにも制球力を磨きたい。秋季東北大会に続いて甲子園初出場もエースとして鳥谷部が導いていく。

鳥谷部慎吾に関する動画

名門復活を託されたスラッガー候補・林晃汰【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事