掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球】若い力が躍動!サニブラウンに勝った男・五十幡2安打2打点!

5月18日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第7週が行われ、第1試合は「専修大学対中央大学」の1回戦が行われ、中大が7-4で逆転勝ち。連勝で勝点3とした。

10連敗の専大が2期連続の最下位…

10連敗だけは避けたい専大は1回、1死満塁のチャンスを作ると平湯蒼藍、秦匠太朗の適時打で2点を先制。3回には1年生の大庭樹也(海星)の適時打でリードを3点とする。

追う展開の中大は3回、専大の先発の2年生右腕・金城乃亜を攻め立て1死満塁とすると、そこから五十幡亮汰、内山京祐、吉田叡生、堀内寛人、小野寺祐哉の5連続適時打で一気に6点を奪い逆転。1点を返された7回には五十幡の適時打で突き放ししま、8回からはエースの鍬原拓也が登板。2回を3奪三振無失点に抑え、試合を締めた。

専大は7回に和田裕生の3号ソロ本塁打で反撃するも、中大投手陣に寄り切られてしまい、今季は1分を挟んで10連敗。未勝利で春のリーグ戦を終えた。

中大は7勝5敗で現在3位。専大は0勝10敗1分の最下位で、2部優勝の立正大学との入れ替え戦に臨む。

【近畿学生野球】和歌山大が初優勝!絶対王者・奈良学園大は16連覇ならず!

新着記事